Hayashi Takuma Design Office
林琢真デザイン事務所

107-0062 東京都港区南青山4-6-5 2F
4-6-5 2F Minamiaoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062 Japan
Tel: 03-6321-9671 Fax: 03-4296-6129
> mail:info@htdo.jp
電話番号とFAX番号が12月5日から上記のとおり変更となりました。
大変お手数をおかけしますが、お手元のお控えを訂正くださいますようお願い申し上げます。

Hayashi Takuma | 林 琢真(アートディレクター ・ グラフィックデザイナー)
1975年札幌生まれ。
拓殖大学工業デザイン学科卒業。中島英樹氏に師事の後、2006年にdeco designを設立。
2014年に株式会社 林琢真デザイン事務所を設立。
アート関連のグラフィックや、出版、広告、ファッション、音楽など幅広い分野でデザインワークに携わる。

Kamohara Sanami | 蒲原早奈美(グラフィックデザイナー)

主な仕事のジャンル:
広告、シンボル&ロゴタイプ、装丁、エディトリアル、パッケージ、WEB、UI、企業や商品のブランディング など

展覧会:
2020 TAKUMA HAYASHI: FIGURATIVE AND ABSTRACT(Solo Exhibition)
2015 TOKYO DESIGN WEEK 2015
2013 TOKYO DESIGN WEEK 2013

受賞暦:
第53回造本コンクール 日本印刷産業連合会会長賞
第59回全国カタログ展 銀賞
TOKYO ADC 2017 入選
TOKYO ADC 2016 入選
TOKYO ADC 2014 入選
第55回全国カタログ・ポスター展 銀賞
TOKYO ADC 2011 入選
第43回造本装幀コンクール 受賞 など

Works:
XHIASMA Research #002 みえないグラデーション, Goethe-Institut, 2023
交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー, 東京都庭園美術館, 2022
時を超えるイヴ・クラインの想像力 ー不確かさと非物質的なるもの, 金沢21世紀美術館, 2022
TOTOギャラリー・間 北九州巡回展 末光弘和+末光陽子/SUEP.展 Harvest in Architecture 自然を受け入れるかたち, TOTOミュージアム, 2022
TOTOギャラリー・間 企画展 How is Life? ー地球と生きるためのデザイン, TOTO GALLERY・MA, 2022
ポーラ美術館 開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて, ポーラ美術館, 2022
八木マリヨ 八木夕菜 地殻を辿る, POLA MUSEUM ANNEX, 2022
キム・ハク 生きる IV, スパイラルガーデン/高架下スタジオSite-Aギャラリー, 2022
LIVE+LIGHT In Praise of Shadouws「陰翳礼讃」現代の光技術と, BAG-Brillia Art Gallery-, 2022
FORMS OF HITOGATA「ひとがた」をめぐる造形, 金沢21世紀美術館, 2022
フィン・ユールとデンマークの椅子, 東京都美術館, 2022
ライアン・ガンダー われらの時代のサイン, 東京オペラシティ アートギャラリー, 2022
鈴木一雄写真展 聲をきく, FUJIFILM SQUARE, 2022
末光弘和+末光陽子/SUEP.展 Harvest in Architecture 自然を受け入れるかたち, TOTO GALLERY・MA, 2022
Transformation 越境から生まれるアート, アーティゾン美術館, 2022
ヴァンジ彫刻庭園美術館 開館20周年記念展 Flower of Life 生命の花, ヴァンジ彫刻庭園美術館, 2022
開館20周年記念 菅木志雄展 <もの>と存在と<場>の永遠, 岩手県立美術館, 2021
TOTOギャラリー・間 北九州巡回展 増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。, TOTOミュージアム, 2021
ホー・ツーニェン 百鬼夜行, 豊田市美術館, 2021
コレクション展:絶対現在, 豊田市美術館, 2021
妹島和世+西澤立衛/SANNA展「環境と建築」, TOTO GALLERY・MA, 2021
中島英之展 , and then, 愛知淑徳大学, 2021
リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真, 東京都写真美術館, 2021
アンサンブル・スタジオ展「Architecture of The Earth」, TOTO GALLERY・MA, 2021
フジタ ー色彩への旅, ポーラ美術館, 2021
ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展 ストーリーはいつも不完全… 色を想像する, 東京オペラシティ アートギャラリー, 2021
モネ ー光のなかに, ポーラ美術館, 2021
没後70年 吉田博展, 東京都美術館, 2021
中川エリカ展 JOY in Architecture, TOTO GALLERY・MA, 2021
ミヒャエル・ボレマンス マークマンダース ダブル・サイレンス, 金沢21世紀美術館, 2020
時の蘇生・柿の木プロジェクト 林勇気「循環の木」, 千葉市美術館, 2020
YUKIMASA IDA Crystallization, 銀座蔦屋書店, 2020
センス・オブ・ワンダー もうひとつの庭へ, ヴァンジ彫刻庭園美術館, 2020
増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。, TOTO GALLERY・MA, 2020
シュルレアリスムと絵画 ーダリ、エルンストと日本の「シュール」, ポーラ美術館, 2019
TOTOギャラリー・間 北九州巡回展 堀部安嗣の建築展 懐かしい未来へ向かって, TOTOミュージアム, 2019
アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー展 ヴァリエテ/アーキテクチャー/ディザイア, TOTO GALLERY・MA, 2019
都美セレクショングループ展2019, 東京都美術館, 2019
中島英之展 , and then, TOTO GALLERY・MA, 2019
大岩オスカール 光をめざす旅, 金沢21世紀美術館, 2019
RCRアーキテクツ展 夢のジオグラフィー, TOTO GALLERY・MA, 2019
エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し, 群馬県立館林美術館, 2019
田根剛 未来の記憶, 三菱地所アルティアム, 2019
堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画 千住博&チームラボ コラボレーション展「水」, 堂島リバーフォーラム, 2018
浅間国際フォトフェスティバル, 長野県御代田町周辺エリア, 2018
藤村龍至展 ちのかたち 建築的思考のプロトタイプとその応用, TOTO GALLERY・MA, 2018
没後20年特別展 星野道夫の旅, IZU PHOTO MUSEUM, 2018
平田晃久展 Discovering New, TOTO GALLERY・MA, 2018
開館45周年記念展 絵画と想像力 ベルナール・ビュフェと丸木位里・俊, ベルナール・ビュフェ美術館, 2018
MEDIA CULTURE IN ASIA: A TRANSNATIONAL PLATFORM, 表賛同ヒルズ スペースオー他, 2018
TOP Collection アジェのインスピレーション 引きつがれる精神, 東京都写真美術館, 2017

書籍・雑誌掲載:
2020 ORIGINALITY IN JAPANESE LAYOUT DESIGN(galati, China)
2016 Book Cover Design from East Asia(Counter-Print)
2016 女心をくすぐるデザインコレクション(グラフィック社)
2015 展覧会のグラフィックデザイン(グラフィック社)
2014 キーカラーで選べる配色見本ハンドブック 改訂版(MdNコーポレーション)
2014 MdNデザイナーズファイル2014(MdNコーポレーション)
2014 「フライヤーのデザイン」人を集めるチラシのアイデア(ビー・エヌ・エヌ新社)
2014 「プロのフライヤーレイアウト」映画・アート・音楽・演劇のデザインアイデア(グラフィック社)
2013 MdNデザイナーズファイル2013(MdNコーポレーション)